<   2004年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

気づきのワークショップ 第1回 今ここにいる自分を感じてみる

 気づきのワークショップは、体験的に「気づきの感覚」を育てることに焦点を当てています。そのプロセスがより深く、豊かに進んでいけるよう、「少人数」で、「短い時間」で、「継続的」に「回数を重ねる」という形でプログラムしました。今回は隔週3回の連続講座で考えていますが、興味のあるテーマのときにだけ参加する形でも十分体験的に学ぶ機会になるようデザインしています。

 このワークショップの特徴のひとつに、学び合う「仲間づくり」という点があります。なぜなら、どのような活動においても共に活動する仲間がいることは、励みになり、活動を促進するからです。特に「気づきの感覚」を育てるためには、外側の視点としての信頼できる相手が不可欠です。参加者のみなさんが、お互いに知り合い、楽しむという雰囲気の中で、自分の考えを発展させ、共に学ぶ仲間としてつながり成長するという体験が、最大の学びのひとつなのです。どのような方が集まり、どのような化学反応があるのか、主催者である私たちも楽しみにしています。

 さて、第1回では、「今ここにいる自分を感じてみる」ということがテーマです。忙しさや慌しさの中で、自分が見えなくなっていることはありませんか。そんなとき、私たちは、「今」「ここ」にいない状態になっていると言えます。そのような状態は、見えないところでコミュニケーションや健康などにも影響を及ぼしているのです。そこで、このワークショップでは、「今ここにいる自分を感じてみる」ことで、その状態・感覚を思い出し、「気づきの感覚」を活性化し、またその状態・感覚をいつでも使えるように自分の「気づきの感覚」を高めるトレーニングも行います。

期 日 11月23日(火) 12月8日(水) 12月22日(水)

時 間         13:30~16:00 

場 所      水戸市内  ※お問い合わせください

● ファシリテーター 佐々木 恵美子・廣水 乃生(ひろみずのりお)
● 参加費  3000円
● 定 員  10名程度
● 主 催  水戸教育フォーラム
●問い合わせ・申し込み:
佐々木 恵美子 029-246-9689 em-earth@mrg.biglobe.ne.jp
廣 水 乃 生 029-287-3334 nori-h@mte.biglobe.ne.jp
[PR]
by gururimito | 2004-11-14 09:45 | ワークショップ

ワークショップ開催とフォーラム開催変更のお知らせ

水戸教育フォーラムでは、異なる立場の声を聴き合うことを目指し、これまで4回のフォーラムを開催してきました。多様な立場の方々が参加してくださったおかげで、さまざまな気づきを得る機会となったとの反響があり、主催者として大変うれしく感じています。

フォーラムの内容は、毎回実に多様であり、なおかつ深いものでした。それを十分振り返ったり、記録としてまとめたり、さらにフォーラムとして新たに取り組むことを明らかにしたりする時間をとる意味で、第5回水戸教育フォーラムの開催日11月27日(日)から1月16日(日)に変更させていただくことにしました。

こうして振り返る中、フォーラムの発展として、大きくは次の2つの流れが生まれつつあります。ひとつは、フォーラムで明らかになってきた気づきを社会に発信・提案していく流れです。もうひとつは、フォーラムでの気づきを生活でいかすうちに、より深く自分で気づいていけるようになるためのワークショップを希望する流れです。これは、外側への流れ(※)と内側への流れと見ることができ、大変興味深く感じています。その両方の流れをサポートすると同時に、その2つの流れを束ね、統合していくことが水戸教育フォーラムの役割であると感じています。

そこで新たな展開の最初として、内側への流れに応えるために、水戸教育フォーラム主催の「気づきのワークショップ」を開催することになりました。詳しくは、別に案内を載せましたので、主旨や内容をお読みいただければ幸いです。
※ちなみに外側への流れも、現在企画中なので、じきにみなさんにお知らせすることができると思います。
[PR]
by gururimito | 2004-11-14 09:35 | 水戸教育フォーラムとは

第4回 水戸教育フォーラム 参加者の感想 その2

9月に開催されたフォーラムの感想を最近下さった方がいるので、ご紹介します。

★ 「出会い直し」の人は弟でした。トラブル中です。今回参加したことで、あの時の私と弟、 今の私を感じることができました。弟のことを考え直し、自分のことを見つめなおすことがで きました。心のブレーキをかけることを知らずにお互いを責めていたことを思い出して、 「今ならもう少し違った言葉が出るだろうか・・・」とちょっと思ったりして。ロールを体験して、 いろいろなことを、いろいろな立場の裏の声を聞いたような気がします。また次回参加したい です。  (みい)
[PR]
by gururimito | 2004-11-13 17:07 | オープンフォーラム