<   2004年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

第4回報告3-午後編-

●午後編
-ラージグループでの話し合い(ロール・プレイ)-
昼食の後、午後の話し合いが始まりました。
ロールプレイをしながらいろんな事態を客観的に眺めていくことにしました。

そのときグループの中にちょっとした緊張感がありました。
最初そのことについて何人かコメントしました。
「ここで話していいことってなんだろうか、と考えてしまいます。」
「自分が言ったことで変に思われないか、誰かが困らないか、気になります。」
そのようなコメントが出てきました。
「この話は『出会いなおし』とつながっているのかな?」
「つながっていると思う。本当の自分として話し出せないってことが起きているけど
それがすれ違いを作っていくことが前回(第3回)では話題になった。この緊張の向こうに本当の自分ととしてのコミュニケーションと『出会いなおし』があるのだと思う。」
「午前中のエクササイズのこともみんなとシェアしたかった。」
一人早く帰らなければならない女性がいたので
その方に午前中のエクササイズのことを話してもらうことになりました。

「自分のパートナーは家族の中でパソコンを利用して効率的に仕事をこなす。自分はそういったテクノロジーのスピードについていけない。」
そこで「効率主義のロール(役)」と「ゆっくりマイペースで味わうというロール」を取り上げて
そのイメージに合う方を参加者から選んでロールになってもらいました。

「効率主義」(ハイテク、勝ち組)には2人の女性が、「マイペース」(ローテク、負け組)には2人の男性が選ばれました。
「効率主義」は「マイペース」をどんどん急かしていきます。
「パソコンとか使ってくれないと一緒に仕事やっていてとても迷惑するんです!」(ハイテク)
「パソコンがなくても情報は電話で十分できるし、自分のペースでやりたい。」(ローテク)
「スピードを上げて効率も上げればお金だってたくさん稼げるし、そのままじゃ負け組みのままだよ!」(勝ち組)
「お金も必要なだけあればいい。」
こんなやり取りから始まり、参加者もどんどんそれぞれのロールに加わったり、
反対のロールに移動してみたり、動きながら進んでいきます。
その中でハイテクロールのとめられない気持ち、走り続けなきゃいけないという気持ちが際立ってきました。

そのとき突然ローテク側で大切な声が出てきました。
「テクノロジーが進むのを止めることはできないけれど、テクノロジーに作られた時間で生きるんじゃなく、地球に初めからある時間に生きることが大切だと思う!」
それはローテクロールの裏側にある超越した何かのような声に感じられました。
(僕は午前編に書いた「昔はよかった」とつながっている何かかなぁとも思っていました。)
するとハイテクロールの裏側に
「うるせぇんだよ!走り続けなきゃダメなんだ!!!」
というロールが生まれ来ました。それはまるで暴走族のようだ!まさにヤンキー!

ファシリテーターがそのロールを強めていくと
ローテクの裏側にいた女性が言いました。
「そっちはフル装備のバイクで改造しまくっていてたくさんつるんでいるヤンキーだけど
こっちは原チャ(原付バイク)で田んぼ道走っている田舎のヤンキーって感じ。そっちはわき目も振らず走り続けているけど、田舎のヤンキーは原チャを止めて空を見上げたり田んぼ眺めたりしている感じ。」
暴走族はさらに加速して騒ぎます!
ローテクロールはどんどん冷めていきます。
「最初は強要されている感じで嫌だったけど、だんだんあっち側がものすごくバカに見えてきた。あぁはなりたくない。あれが勝ち組なら負け組みのままがいい。…でも」と言いながら立ち上がりました。
ローテクロールのグループの少しはずれの方に移動して
「でもやっぱり負け組みでいいのか、不安もある」と呟いたのです!
そのときハイテクロールに変化が起きました。
立ち上がり、同じように少しはずれに行き、
「実は…僕らも走り続けていることに不安がある…。」
それに応えるようにローテクの裏側から
「君が走り続けても止まっていても君のことが好きだよ。」

しんとする…。
何かが収束した瞬間だった。
2つの世界がひとつにつながった感じだった。

この感じはその場にいた人でなければ感じられないものですが
毎回2つの異なるサイドがひとつにつながる瞬間に訪れる空気なのです。
僕たちが共有したいのは、この体験なのです。
「僕らは立場を超えてつながっていける」
この感触はこの空気の中にあるのです。
それは体験したもののみが知る感覚なのです。
そのための場が水戸教育フォーラムです。

そして進み出したのです。
2つのロールはひとつになり始めました。
「止め方を教えてほしい」(ハイテク)
「少しスピードを出して走りたい気持ちもある。40kmくらいで。」(ローテク)
「40出てなかったのね!!!」(大爆笑)

「『ハイテク』と『ローテク』で始まったけれど、『仕事をがんばらなきゃ』と『のんびり行こうよ』とも重なるし、『母親としてしっかり』と『ありのままの自分らしく』とも重なるし、この2つのサイドはいろんな形で私たちの日常生活の中で現れてくる2つなのだと感じました。」
(『スピードの時代』と『古きよき時代』、ノリ的には、午前中にすでにこの世界が垣間見えていたようにも感じました。)

-スモールグループでの話し合い(シェアリング)-
3,4人のグループになり、ラージグループでの体験や気づきを
実際の日常生活にどのようにいかしていくか、話し合いました。
「表の声と裏の声が必ずあって、裏の声が聞こえないとき走ってしまうのかもしれないな。」
「ということは裏の声があるのを想像できればいいのかも。」
「2つのロールとも同じ根っこだった。両方とも効率よく早く生きる必要がある、という声に対して、そのとおりに生きるように自分を駆り立てていくサイドとそれをあきらめて無視するサイドに分かれていったのかもしれない。」
「すると同じ根っこならば自分の根っこを見つければ、それは反対のサイドの根っこでもある。」
「役割からの声ではなく、『実は不安』という本音が出たときに両方が近づきあい始めた。その本当の声というのが自分と対立するサイドとのコミュニケーションで大切なのかもしれないなと思いました。」
「早い方がいい人は早く、遅くてもいい人は遅く、自由にスピードを変えていければそれでいいんのかなと思いました。」


-全体でシェアリング-
アンケートに答えていただき、全体で一人一言ずつ感想を言っていただき、第4回水戸教育フォーラム終了!!!

第1回~第4回までで何かが一巡りしたように僕は感じました。
僕らの中では第1ステージが終了したのかもしれません。
僕らはこれまでの体験からさらにヴィジョンをはっきりさせることができ、
具体的にやるべきこともはっきりさせることができました。
これも参加してくださった実に多様な愛すべきみなさんのおかげです。
そして立場の違いにともなう脅威を超えて
自分を表現し、分かり合うところまでいく参加者のみなさんの開いた心と勇気に
本当に感動し、感謝しております。
これからも水戸教育フォーラムは
さらにお互いの声を聴き合う場として、みなさんの人生がより豊かになる機会が提供できる場として、成長していきます。
応援、よろしくお願いしますね。

すみません、もう深夜なので
つい熱く語ってしまい
朝、読み直したとき恥ずかしい
ってわかってるんですけどね。
今は今の気持ちを載せさせて下さい。

乃生
[PR]
by gururimito | 2004-09-28 00:23 | オープンフォーラム

第4回報告2-午前編-

少々遅い昼食をとってまいりました。
というわけで続きを書いていきますね。

●午前編
-エクササイズ-
続いて曇りのしっとりした天気にピッタリなムードで(?)
今回は「出会いなおし」のテーマに沿った個人エクササイズを行いました。
それぞれリラックスできる場所に移動して
リラックスできる向きにリラックスできる姿勢で座って(もしくは寝転んで)
個人的に出会いなおしたい相手やグループなどを思い浮かべます。

その当時の自分をできるだけハッキリとイメージして
そのときの自分の感覚を全身で感じながら
それを右手の動きで表現してみました。

次にそのときの相手(もしくはグループ)をはっきりとイメージして
その人物(またはグループ)がどのように感じていたか全身で感じてみて
それを左手で表現してみました。

そうして両方の手を同時に動かしながら関係を眺めてみます。
さらに今の自分ならそこにどう関わるかイメージして手を動かしていきました。
そのように自分と相手を手で表現することで
少し関係性を離れて眺めることができました。

続いて2人1組になり、そのことについて話し合いました。
ここで少し休憩。

-話し合い-
次に64歳の男性の自己紹介の中にあった「昔はよかった」の話をもう少し聴いてみることをきっかに話し合いを始めました。
その男性に詳しく話してもらうと
そこにはかつての不便で貧しい生活の中にある限りなく美しい贅沢な世界が描かれていました。もちろん僕の感じ方です(笑)。
「お風呂に入るにも家から30メートルくらい離れたところまで行くんです。闇は深く頭の上には天の川がはっきりと見え、今で言えば『昴』のことですがその当時、自分で『腰掛星』と名づけて見上げてました。またお風呂を焚く炎がちらちらと闇に浮かんでいるのも思い出しますね。」
「洪水がしょっちゅうあり、田んぼは川になり、そこを死んだ牛が流れてくるんです。」
「鮭が上がる頃は、それをとってごぼう、にんじんなどと一緒に煮付けて、あれはうまかった。」
「柿泥棒してつかまって怒られたけど、今でもそのおじさんの顔は覚えている。」

参加者から共感する声がいくつか出てきます。
「私も田舎では、お風呂が遠くて夜の闇が深かったのを覚えてます。」(30代女性)
「おばあちゃんちが田舎だったので小さい頃同じような体験があります。」(10代女性)
「今30代になって鮭の煮つけとか聞くと、その頃は天然素材豊富で今でいうとなんて贅沢な時代なんだろうと感じました。一方で、小さい頃は鮭の煮つけよりもハンバーグとかカレーライスとか食べたかったのを思い出してました。」(30代男性)
すると64歳男性が
「私は懐かしくて少し偏った部分だけ話してしまったかもしれません。不便で貧しいことが大切だと思うのです。」
それに続いて50台女性がそれに続きました。
「昔はたくましく育つことができた。今の時代の子どもは自分の意見がはっきりいえない。」
ここには「不便で貧しい」ことによって強く育つ子ども像がありました。
一方、今の子どもたちの中にも自然の中で体験的に学ぶ経験をもっている子もいて
便利さとそういった不便な中にある自然の美しさを選んで生きているのではないか
という声もありました。
貧しさの体験が作るたくましさについて考える場になりました。

こうして午前中が終わり、茨城ハムのお弁当を食べました。
700円とは思えない立派なお弁当なんです!!!
(お弁当屋さん;ノリ談)
これを食べるために水戸教育フォーラムに参加している方(某塾経営者S?)がいるくらいです!!!

では午後編はまた夜が深くなった頃に…。
[PR]
by gururimito | 2004-09-27 17:31 | オープンフォーラム

第4回水戸教育フォーラム報告1-自己紹介編-

参加者のみなさん、ご参加ありがとうございます。
主催者の一人のノリです。

これからこれまでのフォーラムの振り返りをブログにアップしていきます。
これまで参加された方が振り返ったり、来られなかったときに知ることができるように
また、何かで知ったものの「水戸教育フォーラムって何だ?」って興味をもたれた方に
オープンに僕たちが取り組んでいるものを共有していけるように
そういった願いから少しずつでも体験を文字にしていこうと考えています。

もしよろしかったらコメントなどお願いしますね。

書き方としては
大きな流れを書くかもしれませんし、
細かい流れを書くかもしれません。
気づいたとき、気づいたことを書いていくことになると思います。
ただ僕個人を通して感じたことでもあるので
少々緊張と恥ずかしさも感じています。
ですが、書いてみますね!

●第4回・2004年9月26日(日)10:00-16:30
テーマ「出会いなおしてみませんか?」

-主催者・ファシリテーターあいさつ-
天気は曇り時々雨。しっとりとした雰囲気の中フォーラムがスタートしました。
はじめに僕たち主催者とファシリテーターがあいさつ。
僕の印象に残ったのは、ファシリテーターのたけさんが言った次のような内容です。
(記憶に頼っているのでノリの言葉になってます…)
「僕たちはグループの中にある多数派の声だけでなく、少数派の小さな声も大切だと考えています。それは同時に僕個人の中で、ファシリテートするという今日の重要な役割にがんばる(多数派の声)と同時に、こんな天気の日は一人で引きこもりたいという自分の中の少数派の声もここに持ち込んでおく必要があると考えます。こうして話していることが僕個人にとってだけでなく、このグループにとっても小さな声に居場所を作ることになるのです。」

-参加者自己紹介-
そしていつもどおり簡単な自己紹介から始まりました。
参加された方は、16歳~64歳までの実に多様な面々で、
そのバックグランドがまたおもしろいのです。
毎回感じるのですが、
ここでなければ絶対会うことのない分野の方々が
ひとつのテーマを通して自分の思いや感じたことを
共有していくという場になっており、
それだけでも十分におもしろいと僕は感じています!
参加者のバックグランドをあげると
主婦、フリーライター、塾講師、パソコンインストラクター、元校長先生、受験生(元ヤンキー!)、小学校の先生、教会の牧師さん、幼稚園の先生…などなどです!!

一度ここまでにします。
続きはまたあとで。
次は午前中について書く予定です。
[PR]
by gururimito | 2004-09-27 14:44 | オープンフォーラム

第4回 水戸教育フォーラム 参加者の感想

第4回の水戸教育フォーラムが終了しました。
茨城県内はもとより、栃木県からもお2人の方が参加してくださり、とても深い時間となりました。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

みなさんの感想のなかで、ご本人の許可をいただいたものを少しずつ紹介します。(匿名は、それぞれのご希望によるものです。)
1日の流れについての報告は、近日中にアップの予定です。 お楽しみに。



● 対立・対面する相手は、もう一人の自分で、鏡写しに自分の中の問題が現れていると感じた。相手をそのままに認める~もちろんたいへん難しいが~ことによって、速い自分も速いなりに豊かに生きることができるのではないか、遅い自分も遅いなりに豊かに生きることができるのではないかと想う。 どちらも「あり」の生き方。 (bowbow)

  ※主催者注 「ハイテク機器を駆使し、生活ペースが速い効率主義」ロールと 「ハイテク機器の発達についてゆけず、スローライフをよしとする」ロールに分かれて、ロールプレイをしました。


● 「ハイテク」「ローテク」のロールプレイのなかで、自分の内面にある、「どんどん仕事をしていく自分」と「のんびり自分の時間を楽しみたい自分」の対立を発見した。「立ち止まれない」と無意識のレベルで感じているところ、走っていることさえ気づいていないところ、少数派になっている「休みたい」という声に気づかされた。これらがちゃんと出会って行けたらいいと思う。     (教師)


●すごくたのしかったです。今回のテーマは「出会いなおし」ということで、私は身近な存在との出会いなおしを頭に描いたのですが、最終的には自分の中でがんばりすぎている私と、疲れている私との対話になりました。弱い、ゆっくりな自分にもっとフォーカスを当てて、まわりに望まれる「がんばりやの自分」を演じ続けるのではなく、弱い自分も勇気を持ってアピールしたいと思いました。
 参加されたみなさんが、とてもすてきな人たちだったので、来てよかったなあと思います。また参加したいと思います。
 自分のなかのヤンキーのイメージをうまく使い分けたいです。  (主婦)

  ※主催者注 参加者の中に自称ヤンキーの女子高校生がいて、バイクで暴走するヤンキーと自転車で田舎道を走るヤンキーの内面世界について話してくれました。

●新しいものの見方を覚えられたような気がする。いろんな考えの中で、人とのつながり方についてもう少し考える必要があると思った。
「出会いなおし」というテーマだったけど、自分に出会いなおさなきゃいけなかった人がたくさんいること、その反面、これからの一つ一つの出会いを、出会いなおさなくてもよいような出会いにして、過去を清算できればな・・・と思った。いろんな立場からの意見を聞けてよかった。 (ピチ② 女子高生)


● 来てよかったと思います。自分の中にある思いを素直に受け止めることができたし、たった今から少し新しい自分に出会えるような気がしてきました。子供にもぜひ参加してほしいと思います。出会い直しは自分がそう思えた瞬間にすぐできるものなのですよね。(キーマン)


●言いたいことはあるけれど、どう切り出していいのか?みたいな気持ちがあった。
 いつも相対する気持ちが自分の中にはあって、どちらが片方がいいとか、悪いと決め付けるのではなく、まず、何が大切なのかを見極めることが必要なのかなと思った。
 いろんな人の話を聞けてよかった。     (主婦)


●今日はいつもよりつかれた。でもすっきり終われた。


●石さん(参加者のひとり)の話と午後のワークショップのつながりが深く、おもしろかった。ラストのシェアリングができたのがとてもよかった。日常生活にどう持ち帰るかが明らかになった。
 表の声と裏の声が必ずあって、裏の声が表現できたとき、本当の自分としての「出会いなおし」が始まるのだと感じた。素直に伝える気持ちを大切にしたい。

●午後からの参加だったので、午前も参加してみたいと思いましたまだ慣れていないからか、役割を大げさに演じる姿に違和感を覚えました。すみません。(幼稚園パート教諭)

●途中からの参加だったので、気分的に打ち解けるのに時間がかかりましたが、最後までには心を開いて話をしたり、聞いたりすることができました。自分が心を開いていないときの状態というのはあまり快くないものなのですが、それが徐々に開いていくプロセスを客観的に眺めるとたいへん興味深いものがありました。それがたけさんを中心とするワークなのかな?
 話していく中の気づきもありましたが、プロセスワークってどんなもの?っていう疑問の方が私は大きいかな?今度はそんなお話もしていただければ。 (教諭)
[PR]
by gururimito | 2004-09-26 23:59 | オープンフォーラム

次回にむけて

主催者のひとりである、えみこです。
「出会いなおす」っていう今回のテーマは、今の目の前の現実をあらたな方向へと差し向けるキーワードのひとつのような気がしています。

前回のように、今回も参加者の年齢層は様々です。(幼児~60代)
もちろん、それぞれの方の立ち位置も様々ですね。
これまで回を重ねてきたなかで感じるのは、水戸教育フォーラムの場がある意味、社会の縮図のようであるということです。

そのような場において、下に登場してきてくれた桐山さんのファシリテートによって、普段は意識されないコミュニケーションにスポットを当てたり、それを実際に表面化させたりしてみたりすることは、コミュニケーションの可能性を探るだけでなく、疑似体験をして心に記憶させていく作業のような気がします。 そこで体験され、記憶されたコミュニケーションは、それぞれの現実に帰っていったあとも、いつかきっと可能なものになっていくのでしょう。

私自身も、まだ意識化されていない、どんな「出会いなおし」と出会えるのか!?楽しみにしています。
[PR]
by gururimito | 2004-09-22 11:52 | オープンフォーラム

水戸教育フォーラムです

戦争案内
(これは、上の戦争案内をクリックするとリンクするサイトへトラックバックした記事です。
トラックバックというのは、サイトとサイトを双方向的にリンクするブログの方法です)

エキサイトで「水戸」「教育」で検索して、こちらのブログに遭遇しました。はじめまして。水戸教育フォーラムのファシリテーターをしている桐山と申します。
 9月26日(日)にフォーラムを催します。もし、関心をお持ちになりお互いに交流できたら、面白いことになるのではないかと想いました。 でわ、失礼します。
[PR]
by gururimito | 2004-09-21 20:25 | その他

第4回 水戸教育フォーラム が開催されます。


テーマ「今、出会いなおそう!」

参加申し込み受付け中です!
メールで申し込み

 



・日時:2004年 9月26日(日) 
10:00~16:30(開場9:30)
・会場:水戸市内 (詳細はお問い合わせください)

・参加費:一般 2500円、学生 2000円 
(18歳以下無料)

・ファシリテーター:桐山 岳大
(米国PWCP公認プロセスワーカー)





水戸教育フォーラムでは、「互いの声を聴き合うことから、コミュニケーションが始まる」という思いのもとに、子どもから大人まで、立場の異なる人たちが出会うための場作りをしています。7月に行われた前回 は、「すれ違い」がテーマ。自分が直面している「すれ違い」や他の人たちと話してみたい「すれ違い」を参加者のみなさんから挙げてもらうと、「年代の違い」(会社員・女性)、「親と俺」(高校生・男子)、「家庭の中のすれ違い」(家庭教師・女性)、「役割としての自分と本当の自分」(小学校教諭・男性)など、たくさんのトピックが出てきました。その中から親と子、上司と部下という立場を取り上げて、コミュニケーションの可能性を体験的にいろいろと試みていくと、意外にも見えてきたのは、相手も役割にはまってしまっている ということ。そして、勇気を出して本音を伝えてみると、お互いの役割から離れて、本当の自分としてのコミュニケーションが始まったのです。

そこで第4回 では、この本当の自分としてのコミュニケーションに丁寧に取り組みたいと考え、「出会いなおし」をテーマとしました。私たちは、自分のことをわかってもらえないという諦めや相手のことが理解できないという決めつけから、 形だけのコミュニケーションを続けていたり、かかわりをやめてしまったりという選択をしているときがあります。これは、本当の自分と本当の相手が出会っていないということかもしれません。役割からではない、本当の自分としてのコミュニケーションについて、見て、聞いて、感じて、やってみる・・・そんな体験から身近な人たちとの「出会いなおし」のきっかけを見つけませんか。


【第3回に参加された方々の感想】
○ものごとを深く見ようとするといくらでも深く見えるのだなと思いました。自分が参加することで、机上の空論に終わらない自分の体験として残る興味深い時間でした。(母親・女性)

○自分の意見が尊重され、また相手の意見も尊重するというコミュニケーションの基本があり、自分の意見を言う土台が築かれていたため、本当によかった。  (高校生・男子)

○ファシリテーターが場の雰囲気を読み、何が問題の中心なのかを見極めて進行しているのがよくわかりました。そして子どもたちのいたずらさえもその中に取り込んでしまうテクニックというか、人柄というか、その力量に心動かされました。  (小学校教諭・女性)


【水戸教育フォーラムってどんなことをするの?】
まず話し合うトピックを参加者全員で出し合い、入り口としてひとつのトピックを選んで始めます。最初は、参加者がトピックについて思い思いに話していき、そこから、ファシリテーターの提案に沿って、さまざまな場面を取り上げます。そこでは、自分の思いを表現し切ってみたり、異なる立場の人の声に耳を傾けてみたり、相手の側を体験してみたり、また、それらのやり取りを客観的に眺めてみたりします。参加者は、それらを自由に行き来しながら、それぞ
れの気づきを深め、最後に全員で感想などを分かち合います。

教育は、子どもから大人まで、すべての人のものです。あなたの声を聴かせてください。


【問い合わせ・申し込み】
廣水 乃生  
     TEL :029-287-3334   
     nori-h@mte.biglobe.ne.jp
佐々木恵美子 
     TEL&FAX 029-246-9689  
      em-earth@mrg.biglobe.ne.jp
[PR]
by gururimito | 2004-09-20 08:53 | オープンフォーラム