カテゴリ:水戸教育フォーラムとは( 3 )

水戸教育フォーラムとは

 水戸教育フォーラムは、ひとつの立場にとらわれない教育コミュニティ、すなわち、学校、子ども、親、塾、クラブなどさまざまな立場を超えた形の「教育が起こる場」「教育についての意見交換をする場」「教育という視点から社会への提言・提案を創る場」として活動をしています。子どもから大人まで立場を超えてつながっていく過程を大切にしながら、常にあらゆる可能性を包含できるよう、形にとらわれることなく変化し続けるコミュニティを目指します。
 2004年3月以来、「互いの声を聴き合うことからコミュニケーションが始まる」という思いのもとに「教育についての意見を交換する場」という位置づけでオープンフォーラムを行っています。
[PR]
by gururimito | 2006-03-24 21:04 | 水戸教育フォーラムとは

ワークショップ開催とフォーラム開催変更のお知らせ

水戸教育フォーラムでは、異なる立場の声を聴き合うことを目指し、これまで4回のフォーラムを開催してきました。多様な立場の方々が参加してくださったおかげで、さまざまな気づきを得る機会となったとの反響があり、主催者として大変うれしく感じています。

フォーラムの内容は、毎回実に多様であり、なおかつ深いものでした。それを十分振り返ったり、記録としてまとめたり、さらにフォーラムとして新たに取り組むことを明らかにしたりする時間をとる意味で、第5回水戸教育フォーラムの開催日11月27日(日)から1月16日(日)に変更させていただくことにしました。

こうして振り返る中、フォーラムの発展として、大きくは次の2つの流れが生まれつつあります。ひとつは、フォーラムで明らかになってきた気づきを社会に発信・提案していく流れです。もうひとつは、フォーラムでの気づきを生活でいかすうちに、より深く自分で気づいていけるようになるためのワークショップを希望する流れです。これは、外側への流れ(※)と内側への流れと見ることができ、大変興味深く感じています。その両方の流れをサポートすると同時に、その2つの流れを束ね、統合していくことが水戸教育フォーラムの役割であると感じています。

そこで新たな展開の最初として、内側への流れに応えるために、水戸教育フォーラム主催の「気づきのワークショップ」を開催することになりました。詳しくは、別に案内を載せましたので、主旨や内容をお読みいただければ幸いです。
※ちなみに外側への流れも、現在企画中なので、じきにみなさんにお知らせすることができると思います。
[PR]
by gururimito | 2004-11-14 09:35 | 水戸教育フォーラムとは

水戸教育フォーラム

このフォーラムは、水戸で仕事をしている”恵美子さん”と”のりちゃん”という二人の人物と、私・きりやまとのコラボレーションです。
 毎回、発見があり、難しい時あり、涙と笑いとおとなとこどものワンダーランドであります。
 
[PR]
by gururimito | 2004-07-04 01:37 | 水戸教育フォーラムとは