第13回 オープンフォーラムのお知らせ


テーマ みんなとなかよくできるのか

参加申し込み受付け開始しました!
メールで申し込み




★日 時: 2006年11月19日(日) (会場の都合で日にちが変更になっています) 
10:00~16:30(開場9:30)
★会 場:  水戸市内 (詳細はお問い合わせください)
★参加費: 一般:2500円 学生:2000円 (18歳以下無料)


【テーマについて】
 今回のテーマは、参加者のある高校生が投げかけてくれたテーマです。
 最近、学校を巡る教育の問題がメディアを中心に大きく取り上げられています。その中で、人間関係が大きなポイントになっているように感じます。
 今回のテーマである『みんなとなかよくできるのか』という投げかけは、最近、クローズアップされている学校の『いじめ』の問題だけでなく、大人の社会の中にもある人間関係の難しさを考えるきっかけとなるでしょう。大きな意味では、国際間の緊張関係にも繋がっているテーマです。

 みんなとなかよくできるのか。みんなとなかよくしたいのか。みんなとなかよくすべきなのか。

 身近な人との関係から世界平和までつながる『みんなとなかよくできるのか』というテーマを通して、立場を超えて探っていく機会として語り合いましょう。
 学校現場、子どもたち、親、社会人、地域、行政など、私たちは教育の周辺でさまざまな立場で活動しています。そういった立場の違いによる異なる視点から見えてくるものを分かち合いながら、立場を離れて個人としてこのテーマを巡るひとりひとりの想いも共有できる機会としたいと思います。
 今回のフォーラムでも、さまざまな立場の違いから見えてくる大切なものを、互いに聴き合い、理解し合い、そのプロセスの中で教育を通して世界や未来を共に考えていくために共有できる想いや願いを見つけていきたいと考えています。 
 教育を未来につながるものとしてとらえ、立場を超えて共に考え、創り出していくものだと感じている方、ぜひふるってご参加ください。

 
【フォーラムの流れ】

   自己紹介と出会いのレクリエーション
   小グループでの語り合い
   全体での分かち合いとディスカッション(ロールプレイなどもします!)
   感想の分かち合い

   情報交換ネットワーキング

【こんな方たちが参加しています】
 保護者・小中高の教員・塾講師、幼児~大学生・ 芸術家・編集者・心理カウンセラー、スクールカウンセラーほか。
  
【ファシリテーター】

  桐山 岳大 Takeo KIRIYAMA
       (米国PWI公認 プロセスワーカー)  
    
  廣水 乃生 Norio HIROMIZU
       (プロセスファシリテーター・米国PWI大学院・葛藤解決・組織変革ファシリテーション専攻在籍)
 
  佐々木恵美子 Emiko SASAKI
       (こどもとおとなの学校 恵藍舎主宰)

【その他】
 ・このオープンフォーラムは、論理的な思考だけでなく、場で起きてくるアクシデントや身体の感覚なども、全体性の一部として大切にいたします。なぜなら私たちの存在そのものが、必ずしも論理的な思考だけで生きているわけではないからです。そのプロセスを通して参加者が、立場を超えて共有できる想いや願いを見つけていくことを目指しています。ご了承ください。
 ・小さなお子さんを連れての参加も歓迎いたします。すべてを取り込む形で私たちの社会はあるからです。
 ・昼食はご用意いただくか、食べに出るか、買いに出ていただきます。お店の案内はします。
 ・紹介したい情報がありましたら、遠慮なくお持ちください。チラシ・パンフレットなどを置くテーブルも用意します。また情報交換の時間もありますので、ネットワーキングに活用してください。

【今後のオープンフォーラムの予定】
  第14回オープンフォーラム 2007年1月21日(日)
  第15回オープンフォーラム 2007年3月25日(日)


【申し込み方法】
 Eメールで。
  氏名、住所、連絡先(電話番号、Eメール)をお知らせください。

【問い合わせ・申し込み】
 佐々木恵美子
 廣水 乃生
[PR]
by gururimito | 2006-10-30 07:39 | オープンフォーラム
<< 第13回オープンフォーラムを終えて 第12回 オープンフォーラムの... >>