第9回オープンフォーラム「今、女と男の間に何が起こっているのか」を終えて 2

【参加者のみなさんの感想】 ※ご本人の許可を得て、掲載します。本名・匿名の別もご本人の希望によるものです。


●<感想> 様々な年齢の方から意見を聞けてよかったです。司会・進行がうまくできていたと思います。サブ・テーマなどを細かく決めていないからこそ出る意見とかもあり興味をもちました。大人のディベートって感じがしました。意見が対立したときの司会の方の機転が印象的でした。普段の生活では聞けない異性・同性の素直な意見が聞けてよかったです。(せいこ)


●<感想> 個人的で話しにくいと思われるようなことを質問してしまいましたが、お話を聞かせて頂き本当にありがとうございました。自分は聞く側でしたが、もし聞かれる側だったらどれだけオープンに話せたか疑問です。でも話してくださった側のオープンさから自分の中の話せない部分が変化してきているのを感じました。
 <伝え切れなかったこと> 好奇心でいろいろ質問してしまいましたが、チャンネル(視点)や方法が変われば、エロ本を見ていることなのかもしれないと思いました。 (H)


●<感想> 最後に何か空虚感というか、むなしさみたいなのを感じた。男性も女性も思い込みで、またはそれをもつ像からの影響で相手をしっかりと見れていない。それは勝手な思い込みではあるのだが、私たちは確かにそれを知っているし、理解してしまっている、そのような大きな何かが、そんな幻の像のさらに背後にあるような気がする。私たちは、結局その何かに踊らされ、手のひらの上で戸惑っているだけのように見えてしまう。
 そう考えると近づけていると思えた距離が途端に広がってしまったように思え、その壁は越えられないのではないかとすら思えてくる。それでも相手を知ろうと、知りたいという思いと姿勢が大切なのだと思う。
 <伝え切れなかったこと> 自分のもっている性やSEX観、それらをすべてさらけ出せれば楽になるかなという思いと、絶対に表には出せないと思っている自分がいる。結局、今日も出すことはできなかったし、出そうとも思うことができなかった。いつの日かそんな自分の奥の方にあることを話すことができるパートナーが現れるのだろうか。 (どんちゃん)


●<感想> あっという間の一日でした。午後は長いかとも思いましたが、全然そんなことなかったですね。午後前半までは、トピックを発言する人の話すことによって現れる価値観や無意識の意図が押し寄せてくるようで、また自分がどう受け止めて表現できるのか、苦しい感じでした。ファシリテーションの道はずーっと先のようです。展開は丁寧で、いい感じの一日を作っていただき、参加者の方々、ファシリテーターの方々、皆さんに、ありがとうございました。おつかれさまでした。
 <伝え切れなかったこと> 後半は自分に起こった様々な出来事が、話を離れてフラッシュバックしてしまって、参加できませんでした。場に留まることが最大限の勇気という感じで、普通の話し合いに参加できる状態にはまだ自分はないんだなぁと実感しました。半身で皆さんのお話を耳に流しながら、自分の中の課題がいろいろと確認できる充実した時間でした。ありがとうございました。 (K)


●<感想>
 ・ 年上の人たちのお話がよかった。経験談を語ってもらうだけでホッとしました。ただ場にいてもらうだけでも、安心感がありました。
 ・ 「身体的にコントロールできないこと」については、もう少し対話してみたかったです。
 ・ 男性に対して「楽しさ」が求められているという話(前半の男性グループでの話)は興味深かった。男芸人はもてるのに、女芸人はもてない(らしい)こととからめたりしたら・・・。
 ・ 全体的にそれることが目立ちました。「それでいいのだ!!」って思いました。やっぱり女性は語りづらかった、のかな?
 <伝え切れなかったこと> 「フォーラム」なんて形で「性」とか「SEX」についてなんか話したくないよ~!!もっとこう・・・ヒソヒソとさぁ、隠れてさぁ。
[PR]
by gururimito | 2006-03-27 08:16 | オープンフォーラム
<< 第9回オープンフォーラム「今、... 水戸教育フォーラムとは >>