水戸教育フォーラム主催 第5回オープンフォーラム 


テーマ 「学校に行かない」もいい?

参加申し込み受付け中です!
メールで申し込み

 



★日 時: 2005年1月16日(日) 
10:00~16:30(開場9:30)
★会 場:  水戸市内 (詳細はお問い合わせください)
★参加費: 一般 2500円、 学生 2000円 (18歳以下無料)

ゲストスピーカー: 笠井広子(木工作家・NGO未来の子どもネットワーク 代表)
ファシリテーター: 桐山岳大 (米国PWCP公認 プロセスワーカー)
プロデューサー:  廣水乃生・佐々木恵美子



   
 今回のテーマは、「『学校に行かない』もいい?」です。「不登校」「ホームスクーラー」など、学校に行けない子、学校に行かない子も、最近増加してきています。それに伴い教育の多様性を認める声も聞かれますが、新聞などメディアでは「不登校」の増加を問題視する論調もあります。そんな中、不登校の子をもつ親、学校に行くべきだという方々、学校現場で「不登校」に取り組む先生方、学校には行っているけれど疑問を感じている子たち、逆に学校が楽しいという子たち、あるいはフリースクールやNPO、自助グループなどでいろんな子たちと直接接している方々など、その立場が違うだけでずいぶん異なる意見がありそうです。
 そこで、互いの声を聴き合うことから始めてみませんか。今回ゲストスピーカーに、笠井広子さんをお迎えします。笠井さん自身9歳から、(学校が嫌いという理由ではなく)学校に行かない選択をした経験があり、娘さんも現在高校受験を目前に控えているホームスクーラーです。笠井さんにこれまでの経験や、ホームスクーリングをしている娘さんのお話などをしていただき、それを糸口として「『学校に行かない』もいい?」というテーマについて、話し合いを深めていきます。


【水戸教育フォーラムとは】

 水戸教育フォーラムは、ひとつの立場にとらわれない教育コミュニティ、すなわち、学校、子ども、親、塾、クラブなどさまざまな立場を超えて、「教育が起こる場」「教育についての意見交換をする場」「教育という視点から社会への提言・提案を創る場」として活動をしています。子どもから大人まで立場を超えてつながっていく過程を大切にしながら、常にあらゆる可
能性を包含できるよう、形にとらわれることなく変化し続けるコミュニティを目指します。
 2004年3月以来、「互いの声を聴き合うことからコミュニケーションが始まる」という思いのもとに「教育についての意見を交換する場」という位置づけでオープンフォーラムを行っています。


【ゲストスピーカー*笠井広子さん】 

 笠井さんは9歳で学校に行くことをやめ、両親の承諾を得て一人で日本中を旅したという驚くべき経歴の持ち主です。16歳で家に戻り、18歳~31歳まで「ハイティーンブギ」などの漫画制作現場で活躍されていました。  その後、木工作家としての創作活動を続ける傍ら、出産を体験したことで子どもや教育に関心をもつようになり、 2000年にNGO未来の子どもネットワークを立ち上げました。また2004年11月に行われた子どもの権利条約 フォーラム全国大会では、実行委員会事務局長も務めたほか、木工作品展なども開催されています。 
 ※一人娘の笑生子さん(14歳)の紹介 学齢期になったとき「小学校に行く?」と母親に尋ねられて、「学校に行ったことがないからよくわからない」と、1ヶ月ほど通学。結局、行かなくてよいと判断して、ホームスクーリングを選択したそうです。現在、子ども通信社VOICEの記者として各誌に記事を執筆したり、NPOや大学主催のイベントなどで子どもファシリテーター(進行役)として活躍したりしています。


【ファシリテーター*桐山岳大さん】

米国PWCP公認 プロセスワーカー (プロセス指向心理学)
※PWCP=プロセス・ワーク・センター・オブ・ポートランド
 桐山岳大荻窪心理面接室 

 桐山さんは、日本在住の二人のプロセス指向心理学公認プロセスワーカーのひとりです。プロセス指向心理学(プロセスワーク)は、ユング心理学をルー ツとしながらも、心のことだけでなく、身体のこと、ひいては社会の問題も扱うことができる、というところに特徴があります。そのため桐山さんは、セラ ピスト、カウンセラーとしてはもちろん、大学や社会人の研修会の講師やさまざまな会合でのファシリテーターとして、現在、幅広く活躍中です。プロセス 指向心理学のファシリテーターは、葛藤の中に起きる感情的な面やユーモアを大切にし、異なる立場を超えて人と人とが互いに深く理解し合うことを手助け します。
 また最近、劇団を立ち上げ、演出家として、演劇の分野へも活動を広げられています。

 

【問い合わせ・申し込み】
廣水 乃生
佐々木恵美子   
[PR]
by gururimito | 2005-01-02 19:38 | オープンフォーラム
<< 毎日新聞「まいいばらき」掲載記事 第5回オープンフォーラムが開催... >>