第4回水戸教育フォーラム報告1-自己紹介編-

参加者のみなさん、ご参加ありがとうございます。
主催者の一人のノリです。

これからこれまでのフォーラムの振り返りをブログにアップしていきます。
これまで参加された方が振り返ったり、来られなかったときに知ることができるように
また、何かで知ったものの「水戸教育フォーラムって何だ?」って興味をもたれた方に
オープンに僕たちが取り組んでいるものを共有していけるように
そういった願いから少しずつでも体験を文字にしていこうと考えています。

もしよろしかったらコメントなどお願いしますね。

書き方としては
大きな流れを書くかもしれませんし、
細かい流れを書くかもしれません。
気づいたとき、気づいたことを書いていくことになると思います。
ただ僕個人を通して感じたことでもあるので
少々緊張と恥ずかしさも感じています。
ですが、書いてみますね!

●第4回・2004年9月26日(日)10:00-16:30
テーマ「出会いなおしてみませんか?」

-主催者・ファシリテーターあいさつ-
天気は曇り時々雨。しっとりとした雰囲気の中フォーラムがスタートしました。
はじめに僕たち主催者とファシリテーターがあいさつ。
僕の印象に残ったのは、ファシリテーターのたけさんが言った次のような内容です。
(記憶に頼っているのでノリの言葉になってます…)
「僕たちはグループの中にある多数派の声だけでなく、少数派の小さな声も大切だと考えています。それは同時に僕個人の中で、ファシリテートするという今日の重要な役割にがんばる(多数派の声)と同時に、こんな天気の日は一人で引きこもりたいという自分の中の少数派の声もここに持ち込んでおく必要があると考えます。こうして話していることが僕個人にとってだけでなく、このグループにとっても小さな声に居場所を作ることになるのです。」

-参加者自己紹介-
そしていつもどおり簡単な自己紹介から始まりました。
参加された方は、16歳~64歳までの実に多様な面々で、
そのバックグランドがまたおもしろいのです。
毎回感じるのですが、
ここでなければ絶対会うことのない分野の方々が
ひとつのテーマを通して自分の思いや感じたことを
共有していくという場になっており、
それだけでも十分におもしろいと僕は感じています!
参加者のバックグランドをあげると
主婦、フリーライター、塾講師、パソコンインストラクター、元校長先生、受験生(元ヤンキー!)、小学校の先生、教会の牧師さん、幼稚園の先生…などなどです!!

一度ここまでにします。
続きはまたあとで。
次は午前中について書く予定です。
[PR]
by gururimito | 2004-09-27 14:44 | オープンフォーラム
<< 第4回報告2-午前編- 第4回 水戸教育フォーラム 参... >>