第4回 水戸教育フォーラム が開催されます。


テーマ「今、出会いなおそう!」

参加申し込み受付け中です!
メールで申し込み

 



・日時:2004年 9月26日(日) 
10:00~16:30(開場9:30)
・会場:水戸市内 (詳細はお問い合わせください)

・参加費:一般 2500円、学生 2000円 
(18歳以下無料)

・ファシリテーター:桐山 岳大
(米国PWCP公認プロセスワーカー)





水戸教育フォーラムでは、「互いの声を聴き合うことから、コミュニケーションが始まる」という思いのもとに、子どもから大人まで、立場の異なる人たちが出会うための場作りをしています。7月に行われた前回 は、「すれ違い」がテーマ。自分が直面している「すれ違い」や他の人たちと話してみたい「すれ違い」を参加者のみなさんから挙げてもらうと、「年代の違い」(会社員・女性)、「親と俺」(高校生・男子)、「家庭の中のすれ違い」(家庭教師・女性)、「役割としての自分と本当の自分」(小学校教諭・男性)など、たくさんのトピックが出てきました。その中から親と子、上司と部下という立場を取り上げて、コミュニケーションの可能性を体験的にいろいろと試みていくと、意外にも見えてきたのは、相手も役割にはまってしまっている ということ。そして、勇気を出して本音を伝えてみると、お互いの役割から離れて、本当の自分としてのコミュニケーションが始まったのです。

そこで第4回 では、この本当の自分としてのコミュニケーションに丁寧に取り組みたいと考え、「出会いなおし」をテーマとしました。私たちは、自分のことをわかってもらえないという諦めや相手のことが理解できないという決めつけから、 形だけのコミュニケーションを続けていたり、かかわりをやめてしまったりという選択をしているときがあります。これは、本当の自分と本当の相手が出会っていないということかもしれません。役割からではない、本当の自分としてのコミュニケーションについて、見て、聞いて、感じて、やってみる・・・そんな体験から身近な人たちとの「出会いなおし」のきっかけを見つけませんか。


【第3回に参加された方々の感想】
○ものごとを深く見ようとするといくらでも深く見えるのだなと思いました。自分が参加することで、机上の空論に終わらない自分の体験として残る興味深い時間でした。(母親・女性)

○自分の意見が尊重され、また相手の意見も尊重するというコミュニケーションの基本があり、自分の意見を言う土台が築かれていたため、本当によかった。  (高校生・男子)

○ファシリテーターが場の雰囲気を読み、何が問題の中心なのかを見極めて進行しているのがよくわかりました。そして子どもたちのいたずらさえもその中に取り込んでしまうテクニックというか、人柄というか、その力量に心動かされました。  (小学校教諭・女性)


【水戸教育フォーラムってどんなことをするの?】
まず話し合うトピックを参加者全員で出し合い、入り口としてひとつのトピックを選んで始めます。最初は、参加者がトピックについて思い思いに話していき、そこから、ファシリテーターの提案に沿って、さまざまな場面を取り上げます。そこでは、自分の思いを表現し切ってみたり、異なる立場の人の声に耳を傾けてみたり、相手の側を体験してみたり、また、それらのやり取りを客観的に眺めてみたりします。参加者は、それらを自由に行き来しながら、それぞ
れの気づきを深め、最後に全員で感想などを分かち合います。

教育は、子どもから大人まで、すべての人のものです。あなたの声を聴かせてください。


【問い合わせ・申し込み】
廣水 乃生  
     TEL :029-287-3334   
     nori-h@mte.biglobe.ne.jp
佐々木恵美子 
     TEL&FAX 029-246-9689  
      em-earth@mrg.biglobe.ne.jp
[PR]
by gururimito | 2004-09-20 08:53 | オープンフォーラム
<< 水戸教育フォーラムです 7.25の会 >>